LIFE LOG(椎名悠和✕思考美人学タロット)

*誰かを想うということ

恋愛って一人じゃできなくて、相手あってこそ実感できる感覚。そして醍醐味。
(いや、片想いって時は一人かもだけど。)

初めのうちは目が合ったり、話が出来るだけで嬉しくて。
きゃーって舞い上がったりできる。テンション上げてくれる。
LINE(メール)・電話とか会う事で「好き」とか「嬉しい」を実感できたり。




相手の趣味や嗜好について知りたくなっていくもの。
同時に自分の事も知ってほしいし、同じ温度で自分の事も想って欲しいと願っちゃう。
そのうちお互いのテンションの差を感じてしまうのよね。
彼のことが大好き!って女子は特に。


既読がついたメッセージを見返してみたり、

まだ未読。。。と意味もなく開いてみたり、

もう3日目。。。とカウントしてみたり、

連絡が来ない時間を「何してんの?」と疑ったり。

終いにはイライラしたり、冷たいことを言ってしまったり、責めてしまったり。

そんな自分を卑下してしまったり。





大好き!と想う事は良いことだと思います。
好きな人がいることは、人を生き生きさせますよね。
だけど、そのエネルギーの矛先が彼に集中しすぎてしまうと思いもよらぬ結果を生んでしまう事がある。






はい、これ全部昔の椎名の事です。
(てか、今も昔もだけど)


アイタタ。。。な女ですよねー。
でもね、昔より昇華する事は上手くなりました。

まずはちゃんとね、考えてみる。自分が今どう思っているのか、何を感じているのか。
連絡来なくて嫌だなーとか、連絡来て欲しいと求めているんだなーとか。
私だけを思って欲しいと認めて欲しいんだなーとか。
気持ちがゴチャゴチャしてるなら、書き出してみてもいい。単語だけでも。
なんなら、携帯のメモ機能にポチポチと打ち出してもいい(世の中って便利)。
もう考えたくもない!って時は無理に考えなくてもいい(時間を置いた方が冷静に気持ちを見られるかもね)。



色んなツールを使って、気持ちを整理してみる。


その上で、自分が好きなことをしてみる。
そうするとね、ちょっとエネルギーの矛先が変わるから。
彼より、自分に向いてくるから。



誰かを想いながら、まずは自分の事を大切にしてみてね。
そうすると、良い方向へ向かっていくよ。